Pocket

Kaina(カイナ) お客様からよくいただく質問です。

春になって爪がよくなった。しかし楽器を弾くのに丈夫な爪にするにはどうしたらよいか?お悩みのお客様へ

こんにちは。kaina(カイナ)オンラインショップです。

さて、今日はお客様からよくお問い合わせをいただくkaina(カイナ)へのご質問について書かせていただきます。

クラシックギターを弾いていらっしゃる方で、爪が弱いので、今までは色々なベースコートや瞬間接着剤で爪表面を補ってきたけど、爪が割れてしまうことも多く、爪を丈夫にしたいとのことでご相談を受けました。kaina(カイナ)のベースコートのザ・ギタリストをつければ爪は丈夫になりますか?とのお問い合わせでした。

爪の保湿剤 kainaの使い方と質問まずはお答えとしてはそれだけではNOです。

今皆さまが普段目にしている爪、すなわち指の先端に出ている爪は生きている細胞ではありません。

死んでいるというと少しさびしい表現にはなりますが、

表面にある爪に薬をつけたりしても再生能力はないのです。

同時に爪を切っても痛くはないのはそのためなのです。

痛いのは爪の下の神経です。

つまりこの部分に薬をつけて再生をさせるのではなく、これから生えてくる爪を健康にしていくこと、そして、今生えている爪がさらに乾燥により悪くならないようにしてあげることなのです。

私達はそのためにまずは第1段階としてkainaカイナの保湿剤(デイクリームとナイトジェル)

をご質問の際にはお伝えしています。爪の成長と身体の血行

爪の根本や脇を中心にしっかりと保湿、そしてマッサージをしていくことは爪の成長にはとても大事なのです。

そして、kaina(カイナ)の保湿剤をつけてしっかりマッサージをすることで、

血行を促し、代謝も良くなるので、爪の成長を促します。

そして、もう一つ、ベースコートについてのご質問です。

それではなぜベースコートをつけるの?

という疑問があるかもしれません。

今生えている爪の表面は外気や摩擦などで痛まないように強化ベースコートのザ・ギタリストをおすすめしております。

下の図で見た場合、①と②の場所に爪用の保湿剤をつけて下さい。これから生えてくる爪を元気にするためには結構を良くして代謝をあげていくことが大切です。

kainaの塗るところ

kainaの塗るところ

そしてピンクの爪の部分にベースコートをぬって下さい。ここで一つ注意事項なのですが、順番としては先にベースコートを塗って下さい。保湿剤を①②につけると、一緒にピンク色の爪の部分も保湿剤が行き届くと思います。もしもつけた後にしばらく時間をおいていただければよいのですが、すぐにベースコートを塗る場合は、まず保湿剤がピンク色の部分についているとベースコートの持ちが良くないので、もしも同時に行う場合でお時間に少し余裕があれば、保湿剤を塗って、少し乾いてからベースコートを塗るのが良いですが、お急ぎの場合は先にベースコートをお塗りになった後に、爪の甘皮や脇の部分を中心に保湿をしていただければと思います。

またこの点でご不明でしたら、ご遠慮無く、バハナイルまたはカイナオンラインショップまでご連絡を下さい。tel:03-6908-7200 mail:info@kaina.me です。

まずはご自身でもカンタンに出来るネイルケアを実践してみて、ご自分の爪と向かい合ってみてください。

今後共カイナをよろしくお願いいたします。

kainaは植物由来成分主体で、天然アロマにこだわっています。ぜひお試しください。