Pocket

爪の縦線に要注意

爪は1枚のように見えますがちょうどベニヤ板のように縦横縦が交互に3層構造で出来ています。 そのために強度を保っています。

爪の縦線は加齢、ストレス、偏食などが原因で起こるといわれています。ではなぜそうした原因で起こるかというと…爪の下層部の爪床が年齢等の原因と共に萎 縮するために段差が生じて、その結果が爪甲に現れるといわれています。ストレス、偏食に関しても同様の原因によるものであると思われます。

しかしながら、こうした爪の縦線は保湿をしていくことで、改善していくことが出来ますのでぜひ気になる方はお試しして下さい。オススメなのはkainaのデイクリームです。いつでも使いやすく、ベタベタしないのでお気軽に始められると思います。

爪の縦線に要注意

 

また、縦線を消そうとして表面にやすりをかける方がいらっしゃいますが、これは禁物ですのでお気をつけ下さい。

爪の表面のデコボコが消えることで爪が綺麗になったとついつい思いがちですが 、爪の厚みのもつ役割を考えてみるとこのことがわかりやすいと思います。
爪の表面からは皮膚と同じように水分は蒸発します。そして、爪が薄ければ、薄いだけ水分が蒸発しやいといえます。爪の乾燥から生じる爪への影響を考えるとわかりやすいと思います。
まさしく今から冬の時期に爪トラブルの元凶ともいっても良いかもしれませんね。

爪は根っこの部分、すなわち、爪母の部分ほど水分を多く含みますが、遠位(爪先)にむかって水分が低下していきます。水分が少ない部分は不透明になり、欠けたり、割れやすくなります。
冬は一般に空気が乾燥しますのでそのためにも爪のケア(保湿)が特に大切ですね。

Kainaの保湿剤は安心な植物由来成分でできています。パラベン、シリコンポリマー、着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤は使っていません。
そして、ベタベタしないで昼間使えるのもカイナの特徴です。

年末にかけて、打ち合わせや忘年会なども増える時期だと思いますが、そんなときのご対応の為にもぜひとも日頃からカイナをお役立ていただけたらと思います。

http://kaina.shop-pro.jp/

 

2015年冬のセール画像

「爪の縦線に要注意」を投稿した、爪の内側から健康にするネイルケアのkainaでした。