Pocket

爪のお悩み相談を(爪を強く綺麗にするなら)kainaカイナが解決!

深爪にもいろいろあります

深爪にもいろいろなお悩みがあります。
①深爪と爪の変形でこぼこ

深爪にもいろいろあります

爪の脇(赤い↑部分)が短くなると、爪の支えが不足し、そこに物を掴んだり、つまんだりの力が加わることで爪の形が変形してしまうことがあります。

上記の写真の人差指、中指

②長年の爪を噛む癖で指の先端の肉が盛り上がる。

深爪にもいろいろあります

長い間爪を噛んだり、切りすぎたりすることで、指先の骨よりも爪が短くなる期間が長くなると、指先の皮膚が盛り上がってきてしまいます。こうなると自分でなんとか深爪を治したいと爪を噛むのを我慢しても、伸びた爪の白い部分ばかりが目立って、爪のピンク部分はあまり大きくなりません。

③深爪が原因で爪のピンクが小さくなった
深爪にもいろいろあります

上記の写真の方は他店の深爪矯正を受けて爪は長くなったのですが、爪のピンク部分が大きくならずに、先端の白いところばかりか目立つということでご来店されました。矯正をすることで爪を噛んだりしなくなれば爪は伸びます。バハネイルの深爪矯正の特徴は爪を伸ばすことよりも、爪のピンクを大きくすることが特徴です。

写真でご紹介した3人の方が深爪を卒業して、その後も健康で丈夫な綺麗な爪を維持するために矯正と並行して行っていたのは、kainaでの保湿ケアです。

健康で丈夫な綺麗な爪を育てるためには、その土台となっている爪床も一緒に育てる必要があります。植物も大地にきちんと値を張っているものはなかなか倒れないのと同じです。爪もしっかりとした爪に育てるためには爪床が栄養を沢山含んだ大地のように保湿されていることが重要です。

どうしようかと手をこまねいているなら、まずはkainaで爪の土台の爪床作りからはじめてみましょう。
爪を育てて守るkainaカイナ

お買い求めは

カイナオンラインショップ

最後まで読んだよ、クリックをありがとうございます
にほんブログ村 病気ブログ 皮膚・爪の病気へ
↑クリックでこれからも応援よろしくお願いします。

「深爪にもいろいろあります」を投稿した、爪の内側から健康にするネイルケアのkainaでした。