爪のお悩み相談を(爪を強く綺麗にするなら)kainaカイナが解決!

ジェルネイルで意外な爪の病気・巻き爪トラブル

爪のおしゃれとして定番になっているジェルネイルですが、繰り返すうちに意外な爪の病気になっていることも、ジェルネイルで起りやすい爪の病気として有名なのは、グリーンネイルや爪甲剥離、爪甲縦裂症(爪が薄く割れやすくなる)などがよくあげられますが、長持ちすることもあり手軽にセルフジェルネイルなどを楽しんでいるうちに<巻き爪>になっている方も増えています。

最近ジェルネイルをしていて、『指先が痛いな…』『爪が弱いのを防ぐために始めたのに爪が痛い…』
なんてお悩みをお持ちの方はいませんか?

では実際にジェルネイルで巻き爪になって指先や爪に痛みが出た方の改善結果をごらんください。
<ジェルネイルで巻き爪 右手改善結果>
ジェルネイルで意外な爪の病気・巻き爪トラブル
ジェルネイルをしていた時の爪は一見綺麗に見えますが、爪周りをよく見るとささくれや、爪を縁取るように硬化した皮膚が

<ジェルネイルで巻き爪 左手改善結果>
ジェルネイルで意外な爪の病気・巻き爪トラブル
爪が生え変わる4ヶ月間の矯正で爪の幅がだいぶ元に戻ってきました。縦長の細い爪が世の中では<女爪>ともてはやされている(←これはコンプレックスを持っている方の誤解だと思います)
爪が日々果たしている役割を考えたらあまりに縦長の細い爪は不健康で仕事の出来ない手です。手の巻き爪が起きやすいのは左右で見ても薬指になります。何故でしょうか?日常生活の中であまり使われていない指なので、指の腹側から力を感じることが少ないので、結果爪のカーブがきつく巻き爪になり痛みをともなうことにジェルネイルの特徴として施術からの時間経過によってジェルの素材は硬化が進みます。なので定期的にジェルネイルのメンテナンスを行っていない。
ジェルネイルの付けっ放し、伸ばしっぱなしの方は巻き爪になる危険性大です。

ジェルネイルは定期的にオフ(外して)、その際にはきちんと自分の爪の健康状態も確認してください。
爪の色は大丈夫ですか?緑や黒くなっていたり、黄ばんでいたりしませんか?爪の硬さは大丈夫ですか?
ジェルネイルを始めたころより爪が薄く弱くなっていませんか?
ジェルネイルをオフした時に担当の施術者の方はきちんと爪の健康状態を伝えてくれていますか?
お手頃な値段が売りのネイルサロンでは売り上げの為にお客様の爪の健康状態を無視していることもあります(爪の知識が無く答えられない方も多いですが)

ジェルネイルをされている方も爪の健康状態を保つために、kainaで爪周りの皮膚をしっかり保湿してみてくださいね。
爪が健康になるとジェルネイルの持ちも良くなりますよ。

冬限定セールはじめました
寒さで乾燥がすすむこの季節には、保湿力の高いkainaナイトジェルでしっかり保湿ケアして健康で綺麗な爪を取り戻してくださいね。

爪を育てて守るkainaカイナ

お買い求めは

カイナオンラインショップ

最後まで読んだよ、クリックをありがとうございます

にほんブログ村 病気ブログ 皮膚・爪の病気へ
↑クリックでこれからも応援よろしくお願いします。

「ジェルネイルで意外な爪の病気・巻き爪トラブル」を投稿した、爪の内側から健康にするネイルケアのkainaでした。