Pocket

爪のお悩み相談をkainaカイナが解決!

今回は、爪甲層状分裂症(二枚爪)について。

爪甲層状分裂症(二枚爪)

爪甲層状分裂症(二枚爪)とは、爪回りの皮膚が乾燥すると、爪の先端が薄くなる事で割れたり層状に剥がれたりするものです。

爪は、3層(背爪+中間爪+腹爪)から形成されてるのですが、その間に空気が入り込む事で分裂します。空気が入り込むとは、爪の水分含有量が低下する事で起こります。いつまでも爪甲層状分裂症(二枚爪)のままで、少しでも爪を長くしていたい女性に見かけます。

爪甲層状分裂症(二枚爪)

確かに、冬はどうしても外気が乾燥するので仕方ありませんが、乾燥した感触から人為的な行為が加わる事で悪化させます。爪甲層状分裂症(二枚爪)は、季節に関わららずになる傾向にあります。

爪甲層状分裂症(二枚爪)

冬は、外気も乾燥し室内も暖房器具を使う事で乾燥し身体から水分を失いやすい状態になりますが、乾燥しやすい肌になると家事(食器を洗う・掃除など)から必要以上に皮脂を落としてしまいます。

爪甲層状分裂症(二枚爪)になると、爪先の感覚が無意識に気になり、いつまでも爪甲層状分裂症になってしまうのです。

爪甲層状分裂症(二枚爪)

また他の原因としては、タンパク質不足が原因と上げられることがありますが、指先への血液の流れが乱れていると、爪の発育に必要な酸素や栄養が不十分になり爪甲層状分裂症(二枚爪)になります。指先が急激に冷えたり熱くなったり。そうなると、体温が蒸発を繰り返せば乾燥していきますので、爪甲層状分裂症(二枚爪)になります。

爪甲層状分裂症(二枚爪)

一生涯指先が使えるように、日々のネイルケアで身体も健康になるよう血行も促進させましょう。

kainaネイルケアは、爪甲層状分裂症(二枚爪)などの爪トラブルを改善し健康で丈夫な自爪に育てます。kainaオンラインショップにてご購入頂けます。

爪甲層状分裂症(二枚爪)

爪を強くするならkaina ☎ 03-6908-7200