Pocket

爪のお悩み相談をkainaカイナが解決!

先日、ある書籍に鉤彎爪(こうわんつめ)について書かれていました。

鉤彎爪(こうわんつめ)が深爪に原因

鉤彎爪(こうわんつめ)とは、爪が分厚く硬くなり褐色調を帯びております。鉤彎爪(こうわんつめ)へなってくると、徐々に爪が切りにくくなる為、仕方なく放置してしまい益々、分厚くなってしまいます。

そして、この鉤彎爪(こうわん爪)は、深爪が原因で起こる可能性がある様なのです。

鉤彎爪(こうわんつめ)が深爪に原因

指先に上下から加わる力は、爪が骨よりも長く正常な長さがある為に支える事ができます。しかし、深爪の状態(骨よりも爪が短い)では下から加わる力を受け止める役割が機能せず元々骨の無い指先の先端に負担がかかります。

そこで、この負荷を支えようと指先の先端が硬く隆起してくるのです。この事により、通常は指先の先端まで伸びて定着するはずの爪が先端の隆起した所から爪床に定着できずに浮いてしまいます。

そして、この浮いた状態を長い間放置している事で爪が分厚く硬くなり褐色調を帯びてしまうのです。また、浮いた爪が気になり切り続けていると更に深爪が悪化する原因にもなります。

鉤彎爪(こうわんつめ)が深爪に原因

鉤彎爪(こうわん爪)になると、見た目も悪くなる為、どうにかしたいと爪を取り省き、その上からネイルチップをする女性も見かけます。エスカレートするうちに皮膚が炎症を起こします。

この書籍に鉤彎爪(こうわんつめ)の原因が深爪に関係していると書かれておりましが、爪の切り方やケアのやり方が多くの原因と考えられます。もしも、鉤彎爪(こうわんつめ)になられても、治療が出来ますのでメディカルネイルケアサロンにお問い合わせ下さい。☎ 03-5348-4278

鉤彎爪(こうわんつめ)によって厚みが増していると、kainaの効力が伝わりにくいことがございますので、kaina ☎ 03-6908-7200までお問い合わせください。

鉤彎爪(こうわんつめ)が深爪に原因