Pocket

爪のお悩み相談をkainaカイナが解決!

今回は、必要な爪の長さについて。

必要な爪の長さ

爪を極端に長くしていると指先を上手く使えなくなる為に、指の筋肉が衰える原因になります。

そして、最近では(特に男性に多い)逆に爪を短く切りすぎる方が非常に増えております。その理由の殆どが白い部分が気になるからと言われます。ですが、白い部分が無くなるまで切るのは深爪です。

必要な爪の長さ

上の図の様に、側面から指を見た時に爪の下の先端が見えているのは短すぎになります。すると、爪が受け持つべき本来の役目である指への衝撃や怪我の防止などができなくなります。

この状態が長く続くと指先の皮膚が固くなり、新しく伸びてきた爪が少し上向きに生えてしまうのです。それだけでなく、爪の先端が食い込んで指先を痛め、繰り返し指を使うごとにストレスがかかり神経も鈍ってしまいます。

爪先と指先の長さが一定になると、ストレスの負担が減り指先から脳へリラックスする指令を送り出します。指を側面から見た時に指先の先端が少し隠れる位で、白い部分が1ミリ程あるのが身体のバランスが取れやすくなります。

必要な爪の長さ

次に足の爪については切りにくい事もあるようですが、切りにくい場合にはかかとにタオルなどを置いて足を高くするといいです。手の爪と同じく足の爪も上から見て指先の先端が見えるか見えないか位が理想です。

上手くできない方は、kaina ☎ 03-6908-7200までご相談ください。

必要な爪の長さ

kainaは、kainaオンライン通販ショップにてお買い求めいただけます。