Pocket

爪のお悩み相談をkainaカイナが解決!

今回は、爪が受けるダメージについて。

爪がダメージを受ける時

爪に気を使わない事で日常生活を快適に過ごせるのです。しかし、一般的な行為も過剰になれば爪にダメージを与える事になります。

それは、手を洗うという行為です。確かに清潔にする事は大切ですが、必要以上にハンドソープを使用して頻繁に手を洗うと皮膚や爪にある油分を失います。そして、そのハンドソープがしっかりと洗い流せていないと更にダメージを受けます。

この様に、過敏に手を洗う習慣がある方は比較的に手が湿っています。手が湿っていても、むやみに洗わないで綿100%のハンカチやタオルで拭く事をお薦めします。

また、手を洗った後に使用する、ハンドドライヤーは皮膚や爪や油分を強制的に乾かしてしまう為に、当然ながら爪にダメージを受けます。ですから、手を洗った後にはハンカチで指先までしっかり拭きましょう。

爪がダメージを受ける時

また、指先に何かしら違和感を感じると無意識に指と指を擦る癖のある方がいる様ですが、この行為を繰り返しする事で皮膚から汗が蒸発し皮膚が乾燥して指先の皮膚がふやけます。これが、爪にダメージを引き起こす原因になります。

爪にダメージを感じている方は、kaina ☎ 03-6908-7200までご相談下さい。健康な爪に戻すケアの仕方をご提案致します。

自爪専用のネイルケアkainaカイナをもっと知りたい方は、こちらをご覧下さい。

爪がダメージを受ける時