Pocket

爪のお悩み相談を(爪を強くするなら)kainaカイナが解決!

爪の役割をしみじみ考えたことはありますか?物をつかむ時に指先に力を入れることができるのも、爪が支えとなっています。

細かい作業が出来るのも爪があるから爪が短すぎると、ちょっとした違いも敏感に感じ取るセンサーが鈍くなって、爪がある人に比べると指先にも力が入ります。今回は、爪の役割(手の爪)です。

爪の役割とは手の爪が短すぎると

爪が短かすぎると(深爪)と爪の役割に不調和が

爪が短い(もしくはほとんどない)

指先に必要以上に力がいる

その力が腕→肩→肩甲骨→背中や首にも伝わる

全身に負荷がかかる

血行不良

肩こりや全身の疲労度をあげるサイクル。

物を掴む時や細かい作業ができるのは、爪が支えとなり指先に力が入るからです。指の先端には骨がない為、その代わりを爪がしているのです。

その為、爪が短過ぎると感覚の違いを敏感に感じ取るセンサーが鈍くなり力が入り難くなります。そこで、全体(手と腕に)力を入れて動作する様になります。

そうなると、日常のよくある(ペンの持ち方やコップを掴む)動作も爪のある人と比べて器用にこなす事ができません。

それだけでなく、身体全体に負担がかかり肩こりや血行不良など健康状態にまで影響を及ぼします。この様に、爪と身体の関係はとても深いのです。

爪が指先までしっかり届いている事で、指先から手そして腕と筋肉が上手く連動して身体のバランスが取れるのです。これが本来の爪の役割です。

爪は生え変わるのに時間がかかり地道な根気が要りますが、爪の役割を発揮できる健康で丈夫な自爪を育てれば快適に過ごす事ができます。

健康で丈夫な自爪の作り方をご提案いたします。kaina ☎ 03-6908-7200まで。

自爪専用のネイルケアkainaカイナをもっと知りたい方は、こちらをご覧下さい。

爪の役割とは手の爪が短すぎると